JALT PanSIG 2020大会 発表募集のお知らせ

第20回全国語学教育学会のPanSIG大会への参加者を募集します。大会のテーマ、またはJALTの研究部会(SIG)の研究分野に関連した発表をご応募ください。

日本語での発表も歓迎します。JALTの研究部会(SIG)について、またそれぞれの研究分野については、SIGのリストを参照ください。

応募締め切り

応募は2020年12月15日から2021年1月15日までに申請してください。採択の可否につきましては、2020年2月中旬頃から3月初旬までに電子メールでお知らせいたします。

応募方法

After December 15th, submissions will be possible through pansig2021.eventzil.la. Please note that your co-presenters will also have to create their own accounts. You will be able to add co-presenters to the proposal later.

  • 発表者情報:代表者と共同発表者すべての 氏名、所属先(学校名または勤務先)、電子メールアドレス、電話番号
  • タイトル:スペースを含めて50字以下 
  • TYPE: Choose the SIG which is closest to your presentation.
  • 形式:口頭発表(小)(25分)、口頭発表(40分)、インタラクティブポスターセッション(質疑応答を含めて40分)、研究部会SIGフォーラム(90分)、or pre-recorded video presentation (up to 40 minutes, with 40 minutes Q and A).
  • 要旨:200語未満または300字未満。これは大会のハンドブックに掲載され、また応募審査の際に使用されます。
  • キーワード:口頭発表の内容に関するキーワードを2から4つ挙げてください。
  • ATTENDANCE: We hope to hold a hybrid conference with online sessions and live sessions at Nihon University in Mishima, Shizuoka. Availability of the venue has not yet been confirmed. How would you like to attend? Online only, live presentation if possible, live only (not attend if online).
  • 註:口頭発表の際に特に必要なものがあればお申し出ください。(発表者は自分のパソコンと必要なアダプターを必ずご持参ください。)

応募数の制限

1人の応募つき、単独発表者として1つと、共同発表者もしくはフォーラムの参加者として1つの、合計2つまでに限られます。一人の発表者名が上記2つ以上に記されていれば過剰分は取り消されます。その場合、過剰に応募している発表者だけでなく応募そのものが無効となり、共同発表であればその一員が応募の制限数を超えていなくても、その発表者の応募も同様に取り消されることになります。